● 参入障壁を高める
→ 前期(2016年度)、前々年度(2015年度)のスローガンでした。

 ↓
参入障壁を高めるために「付加価値」を高めよう、って話に
よくなります。
では 「付加価値って何だろう??」
皆 なんとなく使っているこの言葉の定義は??
  ↓
会計で考えると。。。。

付加価値 → 営業利益+人件費+減価償却費
(*いろいろあるけど、これが私はシンプルだと思う。)

営業利益と人件費は、損益計算書から考えると相反するように見えるが、そうではない。利益は引き算で考えない。

人件費を上げる事によって付加価値が高まり、参入障壁が高まり、引いてはお客様にさらに価値あるサービスを提供できると確信している。

そんな中、人件費を高めるために、成長加速のためにいろんな分野に投資してます。
(人件費アップのために、一律 5%アップとかは現状考えてない)
   ↓
・外部研修(いろんな知識、思考を増やす)
・国内展示会出展(情報が取れて、営業力がアップする)
・海外展示会視察(多くのコストがあがるが、視野が広がる)
   ↓
古くからのスタッフはわかると思うが、この「スタッフの成長加速のためのコスト」を絞っている時期は過去にある。
   ↓
今は 大きく投資をしている時期。
   ↓
「人材育成費アップ = 能力アップ = 給与アップ = 人件費アップ =付加価値アップ」
このサイクルをキープしたい。

できれば全社員でこのサイクルを作りたい。

========================================================

3Rグループでは本社と各支店とをテレビ電話で繋ぎ、毎日朝礼を行っています。

この場では日によって社長の話があります。
内容は会社の方針説明、社員としての行動指針、業績の共有、世間の動向理解など多岐にわたります。
話を聞いて自分も負けじと奮起したり、痛いところを突かれて反省したり。
各々がその時に響いた言葉をエネルギーに変えています。

経営陣と社員の方向性がぶれないよう、当社ではこのような場を設けて大切なことを全員で共有しています。

3Rグループでは社員の全員がプロ意識を持ち、得意分野を活かして進化しています。
しかしその方向がバラバラだと、個人では進んでいると思っても全体では後退していた!?ということも起こりえます。
だから社員のベクトルを合わせることはとても重要です。

このブログを通じて、3Rグループの基本が凝縮された社長の朝礼トークを紹介していきます。