● まずは先日の決起会皆さんご苦労様でした。また総務の皆 裏方に周ってありがとう。拍手!

● 先日 前期に関していろいろ振り返っていました。全体的に業績は上向きだが、私自身反省点が多かった。
判断する仕事が多いのだが、「判断スピード」「把握不足」等から経営資源を最適化できなかった。
今期は 知識/経験を増やし さらにレベルアップを目指す

● 今期のスローガンの一つ目に対して、まずは
「一人一人がリーダーシップを発揮する」
なぜ このスローガンを作ったのか?

1. 時間と情報の限界 がある。今はITの発達に伴い、情報力がいろんな人間でフラットになってきている。
課長と新人の情報量が逆転しているパターンもたくさんある。
皆が「情報」を活用できるようにリーダーシップが必要。
逆に情報資源の活用が下手だと負ける

2. 皆がリーダーシップを発揮すると、「親分」がたくさんできて うまく行かなくなるのでは?という話があるが、それはないと私は思う。
なぜなら
「リーダーシップ」があり経験/苦労をしている人材は、プロジェクト(役割)が変わるとすぐにフォロワー、サポーターにもなれるはずだ。そのレベルの感性が育つはず。

● 「最大多数の最大幸福」
これを目指してやってほしいが、各部門長は
「現状の社員数」にて くれぐれも考えないように!

「現状の5-10倍の社員数」での「最大多数の最大幸福」を考えて運営をしてください!

以上
今期もしっかり足跡を残していきましょう!

========================================================

3Rグループでは本社と各支店とをテレビ電話で繋ぎ、毎日朝礼を行っています。

この場では日によって社長の話があります。
内容は会社の方針説明、社員としての行動指針、業績の共有、世間の動向理解など多岐にわたります。
話を聞いて自分も負けじと奮起したり、痛いところを突かれて反省したり。
各々がその時に響いた言葉をエネルギーに変えています。

経営陣と社員の方向性がぶれないよう、当社ではこのような場を設けて大切なことを全員で共有しています。

3Rグループでは社員の全員がプロ意識を持ち、得意分野を活かして進化しています。
しかしその方向がバラバラだと、個人では進んでいると思っても全体では後退していた!?ということも起こりえます。
だから社員のベクトルを合わせることはとても重要です。

このブログを通じて、3Rグループの基本が凝縮された社長の朝礼トークを紹介していきます。