今日は3Rエナジーの担当役員:末留部長からです。
   
   
—————————————
   
以下 末留より)
   
タイプ別のコーチングの考え方で
人間には4つのタイプがあると言われています。
   
   
・ コントローラー
 → リーダータイプ 
   
・ アナライザー
 → 細かい分析、ルール作りが得意
   
・ プロモーター
 → 新しいアイデアを出したりするのが得意
         
・ サポーター
 → 人の手伝いをするのが好き

   
社内の事例、ワンピースの事例を踏まえて。
(〇〇部長はアナライザー、ルフィはコントローラー)
   
  
どういう分野の人なのかを理解すると、
いろんな人との付き合い方を変えれる。
      
      
会社の上司、同僚、部下。取引先の方。
   
それぞれのタイプで嬉しいポイント、嫌いなポイントが
違うので 接し方を変えていくとうまくいくことが
あります。
    
*「タイプ別 コーチング」で検索すると
色々出てきますので参考にしてみてください

======================================================

3Rグループでは本社と各支店とをテレビ電話で繋ぎ、毎日朝礼を行っています。

この場では日によって社長の話があります。
内容は会社の方針説明、社員としての行動指針、業績の共有、世間の動向理解など多岐にわたります。
話を聞いて自分も負けじと奮起したり、痛いところを突かれて反省したり。
各々がその時に響いた言葉をエネルギーに変えています。

経営陣と社員の方向性がぶれないよう、当社ではこのような場を設けて大切なことを全員で共有しています。

3Rグループでは社員の全員がプロ意識を持ち、得意分野を活かして進化しています。
しかしその方向がバラバラだと、個人では進んでいると思っても全体では後退していた!?ということも起こりえます。
だから社員のベクトルを合わせることはとても重要です。

このブログを通じて、3Rグループの基本が凝縮された社長の朝礼トークを紹介していきます。