今日は管理職が全体朝礼を
仕切る日。

今日の担当は
財務経理の課長:川上(カワカミ)からです!

以下
川上より
———————————————

自分がやっている業務(財務・経理)に
関しての話

● 「財務諸表」に関して  
BS、PL、CSってざっくりどんなものか?の説明

●最近話題になっている国際会計基準に関して

→ 3Rとして大きな影響はない と捉えている
→ JALに経営破綻に関して
→ 建設業等は大きな影響を及ぼす可能性が高い
→ 今までリースを出していない分野に
 出る可能性があるので、グループとしてそこは注目したい

●財務会計と管理会計の違い

→ 財務会計 … 外部に関して提出するもの
→ 管理会計 … 経営判断するためのもの

タイムリーに経営判断していくために
管理会計システムを3Rとして作っている

  ↓

管理会計に関しては
基本的にネガティブに捉えていもの
(私の性格はポジティブなんですけど)

●グループ会社間の在庫移動の際の内部利益は必要か

基本的には必要はないと捉えているが、
会社というのは営利集団と考えられているため
税務面を考慮すると必要。

*そのため通常の利益率から考えると
かなり低めにだが、内部利益の設定をしている

ただ3Rグループは
しっかりと運営できている独立した
法人がある。

そこの事業シナジーは追求していくべき。

まず
各事業部のそれぞれに利益を追求する事が
先決。

グループ経営をしている会社では
グループ企業間では、ライバル視をして
「話もしない」という所も多いが、
3Rグループはある程度の協力体制ができていると
思います。

事務処理・考え方がわからなかったら
どんどん質問を上げてください。

こういう事を調整するために
我々 管理部隊がいます。細かい調整は
こちら側で受け持ちますので!

======================================================

3Rグループでは本社と各支店とをテレビ電話で繋ぎ、毎日朝礼を行っています。

この場では日によって社長の話があります。
内容は会社の方針説明、社員としての行動指針、業績の共有、世間の動向理解など多岐にわたります。
話を聞いて自分も負けじと奮起したり、痛いところを突かれて反省したり。
各々がその時に響いた言葉をエネルギーに変えています。

経営陣と社員の方向性がぶれないよう、当社ではこのような場を設けて大切なことを全員で共有しています。

3Rグループでは社員の全員がプロ意識を持ち、得意分野を活かして進化しています。
しかしその方向がバラバラだと、個人では進んでいると思っても全体では後退していた!?ということも起こりえます。
だから社員のベクトルを合わせることはとても重要です。

このブログを通じて、3Rグループの基本が凝縮された社長の朝礼トークを紹介していきます