今日は昨日のマラソンで感じたことを話したいと思います。
「仏の里くにさき・とみくじマラソン大会」に参戦し、
タイムはボロボロでしたが無事完走しました。

大分県国東市での開催でしたが、
まず この国東。「くにさき」って読みます。
調べてみると 「国の東の先」から来ているらしい。

そしてこの国東半島にある宇佐神宮が初めて神仏習合をしたらしく……(うんたらかんたら)

で走ってて思ったことですが、

【貧すれば鈍する】
後半はほとんど歩き、キロ12分ペースという普段の2倍程度の時間がかかっている、
周りから見るとすごく楽に見えるかもしれないが、歩いている本人は超絶しんどい。
少し意味が違うかもですが、うまくいかない時は負のスパイラルに入るなーと。
いつも皆さんも前で偉そうに話していながら、ぜんぜんダメだったと反省です

【心身は一致する】
どうせ歩いているので、仕事のプランでも考えながら歩こうと思ったが、すぐに気持ち悪くなる……
田んぼに突っ込みそうになった。

やはり肉体が極度に疲労すると、頭も回らなくなるな。
心身ともに健全な生活にしていきたい。

という訳で
皆さん ぜひ 走りましょう!

======================================================

3Rグループでは本社と各支店とをテレビ電話で繋ぎ、毎日朝礼を行っています。

この場では日によって社長の話があります。
内容は会社の方針説明、社員としての行動指針、業績の共有、世間の動向理解など多岐にわたります。
話を聞いて自分も負けじと奮起したり、痛いところを突かれて反省したり。
各々がその時に響いた言葉をエネルギーに変えています。

経営陣と社員の方向性がぶれないよう、当社ではこのような場を設けて大切なことを全員で共有しています。

3Rグループでは社員の全員がプロ意識を持ち、得意分野を活かして進化しています。
しかしその方向がバラバラだと、個人では進んでいると思っても全体では後退していた!?ということも起こりえます。
だから社員のベクトルを合わせることはとても重要です。

このブログを通じて、3Rグループの基本が凝縮された社長の朝礼トークを紹介していきます。