スリー・アールシステム株式会社

4月22日 社長の朝礼

本日より3名産休から復職です。
たまたま皆 同じ時期に産休に入り、同じ日から復職。
しかも3名も!

こういった流れでいろいろな人間が
また会社に戻ってきてくれることはホントに嬉しいです!
お帰りなさい!
この1年の間に本社移転、そしてたくさんの新しいスタッフが入社してくれていますので、早く慣れるようにしてください。

さて、今日は「ダイバーシティ」の話です。
もともとは「多様性」という意味です。
今の日本は「女性の再雇用 = ダイバーシティ」という意味で捉えがちだけど、「木を見て森を見ず」という考え方になるので気をつけてください。

・ 女性の再雇用 はもちろん
・ 外国人雇用
・ 時短勤務の正社員
・ 在宅勤務
・ 外国での勤務
・ 顧問契約、委任契約、社外取締役契約

この辺 すべて含めてダイバーシティだと私は捉えています。

また先日 話した企業の4大資源である「ヒト、モノ、カネ、情報」。
我々 3Rはこの資源すべてをダイバーシティの考えを元に動いていきます。
ダイバーシティ → 少数派 という考えも捨ててください。

IT革命後のIot革命に伴い、少数派が少数派でなくなります。
インターネット、SNSを通して世界中の方とつながっています。
以前は小さくと感じたマーケットも、しっかりと戦える戦場になっています。

Iot革命にしっかりと乗っていき、色んな分野のダイバーシティをできたらいいなと思っています。


3Rグループでは本社と各支店をテレビ電話で繋いで朝礼を行っています。

この場では日によって社長の話があります。
内容は会社の方針説明、社員としての行動指針、業績の共有、世間の動向理解など多岐にわたります。
話を聞いて自分も負けじと奮起したり、痛いところを突かれて反省したり。
各々がその時に響いた言葉をエネルギーに変えています。

経営陣と社員の方向性がぶれないよう、大切なことを全員で共有しています。

3Rグループでは社員全員がプロ意識を持ち、得意分野を活かして進化しています。
しかしその方向がバラバラだと、個人では進んでいると思っても全体では後退していた?!
ということも起こりえます。
だから社員のベクトルを合わせることはとても重要です。

このブログを通じて、3Rグループの基本が凝縮された社長の朝礼トークを紹介していきます。