スリー・アールシステム株式会社

2月25日 社長の朝礼トーク

2019-03-04


今日はマスクを珍しくつけていますが、風邪ではありません。
昨日 山の中を走り回ってたら花粉が一定量を超えたようです。花粉症に有効なものの紹介を期待します。

さて
ある雑誌で「ここ50年での経営の失敗の実例」みたいなのが載っていました。
懐かしいなーと思いながら見ていたのですが、

ほとんどの場合がヒューマンエラーなのかなって感じます。
しかもそんなに難しい判断ではなく、社内(組織内)での独特のルール、というか悪習(もちろん明文化はされていない)のために腐敗していき破綻しているパターンが多いようです。


うちでも変な感じの悪習ができている可能性があります。

いつも話をしてますが、風通しのいい組織を作ろう。
おかしいことはおかしいと言えるようになろう。
苦言に耳を傾けられる人間であろう。


謙虚な姿勢で正しく仕事をしていきましょう。


3Rグループでは本社と各支店をテレビ電話で繋いで朝礼を行っています。

この場では日によって社長の話があります。
内容は会社の方針説明、社員としての行動指針、業績の共有、世間の動向理解など多岐にわたります。
話を聞いて自分も負けじと奮起したり、痛いところを突かれて反省したり。
各々がその時に響いた言葉をエネルギーに変えています。

経営陣と社員の方向性がぶれないよう、大切なことを全員で共有しています。

3Rグループでは社員全員がプロ意識を持ち、得意分野を活かして進化しています。
しかしその方向がバラバラだと、個人では進んでいると思っても全体では後退していた?!
ということも起こりえます。
だから社員のベクトルを合わせることはとても重要です。

このブログを通じて、3Rグループの基本が凝縮された社長の朝礼トークを紹介していきます。