スリー・アールシステム株式会社

スリー・アールシステム株式会社 2019年度3月期決算発表のお知らせ

光学機器、デジタルグッズの製造販売、太陽光発電システムの販売を手がける、スリー・アールシステム株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:今村陽一)は、本日、第18期(2019年度3月期)の決算報告をいたしましたのでお知らせいたします。発表は、動画サイト「YouTube」にて行っておりますので、ぜひご覧ください。https://youtu.be/yTcVX4JDTw0

第18期(2018年4月1日~2019年3月31日)におけるスリーアールグループの連結決算額は、2,345百万円となり、前年1,860百万円から125%と13期連続、最大規模の増収を達成いたしました。

これは、前期の2018年5月に本社移転、2018年8月にスリーアールソフトウェアの立ち上げなど、人材・各事業部に積極的に投資を行ってきた結果が大きく反映されたものと考えております。
今期も、スリーアールグループのスローガンである「未来を創造し、挑戦を続ける」という言葉を踏まえ、常に新たな可能性にチャレンジしていきたいと考えております。

【 公式編 】
大喜利チーム編
さくらちる編