vol.051 ジャビット人形?いらないや(とある野球少年のつぶやき)

こんにちは。
相変わらず週末、長男の野球応援に忙しい
3Rグループ社内図書館「ヨマンネ」図書委員のながぬーです。(前回から継続中)

さて、長男の在籍する古賀○ーグルスは、毎週火水土日に練習をし、練習試合を申し込み、連盟内総当たりでリーグ戦を戦いながら様々な大会にエントリーして戦っています。
そのチームは主に篠栗町近郊の13チームで構成されている某少年野球連盟に所属となっています。

そんな折、先日連盟で主催する大会の開会式・抽選会が行われました。(所属チームは準備が色々と大変なのです・・・)
その大会の名は、
『村田修一杯』!

そうです。読売ジャイアンツ背番号25村田修一選手の名を冠した大会です。(小学生時代に連盟所属のチームにいたらしい)
※執筆時点ではまさかシーズンオフに自由契約なるとは思いもよらず。

開会式で毎回恒例となっているのが、村田修一選手のお父様のありがたいお言葉と、お楽しみ抽選会!
特賞は『東京ドームでヒーローになった選手のみがもらえる正真正銘のジャビット人形(背番号25入り)』で、その他ジャイアンツ、ホークスのグッズなどなどです。

各チームに渡される抽選券は5枚しかなかったので、参加した6年生7名で分けるしかありません。
結果『自分が主役でないと許せない一人っ子』を主体とした5人のみじゃんけんで好きな番号を選び、わが長男(4人兄弟の2番目)とキャプテン(3人兄弟の2番目&カープファン)二人は『いらないや』とじゃんけん参加せず。

息子に理由を聞くと『村田修一&巨人好きじゃないし(ご来場いただいたお父様に大変失礼)、ホークスのグッズもあるみたいだけど、どうせ柳田、内川とかばっかりだろうし。』との答え。
さすが『24 長谷川勇也(2013年首位打者)』ファン!

そんな息子の『通』なところが私に似て大好きです!
因みに私の好きな歴代外国人選手は『ロドニー・ペドラザ』『ペドロ・バルデス』です。(まじめに)

 
  
<今週のおすすめの本>
本能寺の変 431年目の真実 明智 憲三郎 (著)


世間の評判は厳しい様ですが、一時期各メディアに取り上げられて話題の本です。
私は楽しく読ませていただきました。

私は歴史もの(特に戦国、幕末、第二次世界大戦)が大好きです。
因みに好きな武将は、毛利元就、明智光秀、小早川隆景 など。
好きな兵器は、旧日本海軍航空母艦加賀、旧ドイツ陸軍Ⅲ号突撃砲G型、旧日本海軍二式大型飛行艇12型 など。

さて『勝てば官軍、負ければ賊軍』の賊軍となってしまった代表格が、明智光秀であると思います。
官軍として山崎の戦いで光秀を葬った羽柴(豊臣)秀吉は、大義名分のため自分に都合が良いことのみを後世に伝えていることは事実です。

著者は当時の別の文献(関係ないどっかの坊さんが誰々宛てに送った手紙など)を幅広く調査し、矛盾点を指摘し『真実はこれだ!』と言っています。
はたして著者の考える『本能寺の変』の首謀者は誰なのか?(著者は明智光秀の末裔であるため、ほんの少しだけ『祖先の名誉回復』を目的としていると感じる部分あり。)

それではまた次号~

※情報は2017年9月22日時点のものです

3R図書館にようこそ

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.