vol.043 新冊続々入荷中!

こんにちは。

盛夏の候、長かった梅雨もようやく明け、ビールが美味しい季節になりました。

皆さま飲み過ぎておられませんでしょうか。

日本酒党であるこの私ですが、この猛暑ではビールの誘惑には勝てずついついプシュっとしてしまい、夏本番の季節の到来を感じています。

なーんて言ってますが、年中ビールの誘惑に負けている
3Rグループ社内図書館「ヨマンネ」の図書委員 ウラモトです!

さて、本社図書館では続々と新しい本が入荷しております!

今回の図書館便りでは、新しい本の中からオススメの本を3冊ご紹介したいと思います♪

「言葉にできる」は武器になる。 / 梅田悟司


『世界は誰かの仕事でできている。』 『この国を、支える人を支えたい。』
などのコピーライティングを生み出した株式会社電通のトップコピーライター梅田悟司さんの著書です。

気の利いた返信ができない、ニュアンスを伝えるのが難しい、
相手に思いが届かず理解を得られない、想定外の質問をされると言葉に詰まってしまう…

こういった悩みを持っている方、言葉を「コミュニケーションの道具」としてしか、考えていないのではないでしょうか?

言葉にはもう1つ、大切な役割があります。

「内なる言葉」に目を向け豊かにしていくことで、「外に向かう言葉」に磨きがかかっていく。

具体的な例や実践方法も分かりやすく書いてあります!

「言葉にできない」ことは「考えていない」のと同じである…うーん。身に染みますね。
  
  
  
マジ文章書けないんだけど / 前田安正


おーっと、この表紙はまるで提出レポート締切前の私のようです……。

朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術とは?

「綾瀬はるかは月9の主役に選ばれた」
「綾瀬はるかが月9の主役に選ばれた」

「は」と「が」の違いで聞きたい・伝えたいポイントが違いますよね。

マンガのような、小学生の時に解いたドリルのような、
そんな見た目の軽さに比べて内容は意外に濃いです。

分かりやすい文章や魅力的な文章を書きたい、説得力のある文章を書きたい……

主人公は就活のエントリーシートが書けずに悩んでいる女子大学生ですが、
普段の仕事にも十分に生かせる内容です。

文章が苦手な方でも読みやすいのではないでしょうか?
  
  
  
「だから女は」と言わせない最強の仕事術
~前を向く女性の努力を結果に変える本~ /朝倉千恵子


女性の皆さま!ついに女性営業向けの本が入荷しましたよ!

男だから○○、女だから△△、という考えは現代社会では徐々に減衰傾向にありますが、まだまだ根強く残っている企業も少なくないかもしれませんね……
この本は女性の本質や特性を細かく捉え、女性が現代の社会で前向きに働ける為の
強い味方となってくれそうな本です。

男性上司編、男性部下編、または女性同僚編などなど社内の人間関係での「あるある」の解決策も載っていますよ!
  
  
以上、今週の図書館便りでした♪

※情報は2017年7月21日時点のものです

3R図書館にようこそ

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.