vol.041 初めまして。オレ流、伝説の柔道王です。

はじめまして。
この度図書委員を仰せつかったながぬーです。

長い3R社内図書館の歴史においてもレアな男性であるとのことですが、
そんな肩書に目もくれずに勝手気ままに活動させていただきたいと思っております。
(実はまだなにもできていませんが・・・図書委員の皆様ごめんなさい( ;∀;))

館長からは『男性目線』での関りを期待されているようですが、まずどのような嗜好の本を読んでいるのかが垣間見えるよう、読書中あるいは放置プレイの本を以下に挙げます。(こうやって見ると、我ながら男らしい本ばかりですね。)

①『落合博満バッティングの理屈』落合博満著

『古賀☆ーグルス背番号⑥』レフトを守る『へぼい』小6長男のバッティング向上につながればと、すがる思いで読む親心・・・
理論』ではなく『理屈』というところがさすが『オレ流』です。
●打席に立つ際に、どのコースのボールを意識して待つか?
●ストライクゾーンを9か所に分けた場合、6球で仕留める為にはどの様にどこに投げるか?
なるほどと思える答えで、さすがに説得力があります。

※おかげさまで県大会に出場します!『古賀☆ーグルス』の応援よろしくお願いします。
  
  
②『木村正彦はなぜ力道山を殺さなかったか』増田俊也著

木村正彦。知らないですよね。でも無茶苦茶強かった伝説の柔道王です。
戦前の柔道は打撃(いわゆる当て身)もある完全な格闘技だったのです。
最強の名を欲しいままにした彼の人生は、力道山と出会うことで大きく湾曲してしまうこととなります・・・。

よく読んでいたのは、戦国時代、明治維新、太平洋戦争もの(小説ではなくノンフィクション、研究本専門)です。
過去に自己啓発、『脳に関する』本なども読みましたが、真剣でなかったのでしょう全く書籍名も頭に浮かびません。(今後は違います!)

男性社員の皆さん!
購入を希望したい本があっても図書委員メンバーが女性ばかりで手を挙げにくかったのでは?
今後はSkypeで希望を伝えてください。私はあなたの味方です。

来週もNEWメンバーが登場します。
こうご期待!

※情報は2017年7月7日時点のものです

3R図書館にようこそ

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.