vol.040 闘病×恋愛=泣かそうとしてる……?

こんにちは。
3Rグループ社内図書館「ヨマンネ」の館長 前本です。

今回はいきなり本の紹介いきましょー!
つい、昨日読み終わってホヤホヤの感想です。

2016年 本屋大賞 2位
7月末に映画が公開される話題作です。

人との関わりを避けて生きてきた高校生の「僕」と
膵臓の病気を患い、余命宣告されたクラスメイトの「彼女」の物語。
これ、よくある「純愛もの」ってやつ……?(お涙ちょうだいは好きじゃない、ひねくれた人間なもので……)
――私もそんな疑いをもって開いたけど、これは大丈夫です。

ストーリーだけ聞くとよくある話ですが、「僕」と彼女の会話が軽やかで、
ちょっと皮肉っぽくて、純粋じゃないところがおもしろい。

闘病というよりも、友だちとの関係の作り方の本です。
  
  
現実感が薄い小説だと感じました。
小説に「現実感」というのもおかしな話ですが……。
物語は場面を読者にイメージしてもらうために、何かと説明が加わるのですが
この本にはあまりなかったなーと読了後に気づきました。
だから、夢の中のような、幻のような、おぼろげな感じがあります。

でも、削ぎ落とされているからこそ、伝わってくるメッセージが強いです。
  
  
二人にとって生きることとは?
他人に流されず、自分を確立する「僕」と
人と関わることで、自分の価値を見いだす「彼女」
どちらか一方ではうまくいかない、というのが二人の姿を通して伝わってきました。

今年読んだ小説の中で、トップスリーに入るおもしろさです!
二人の旅行先として福岡が登場するので、ちょっと嬉しい。
興味のある方はぜひ♪
  
  
実はこの本、いまは博多支店にあります。
博多の方ラッキー。今のうちに読んでくださいねー!

博多と東京支店に社内図書館ができて、4ヶ月。
そろそろ根付いてきたでしょうか?
分館の運営には、支店の図書委員としてお三方が協力してくれています。

**博多支店**
藤原さん
安さん

**東京支店**
カメガワさん

この三人の協力のおかげで、分館の運営が滞りなく行われ、
定期的に本の入れ替えができております。
分館でも魅力的な本がそろうよう、これからも良くしていきますよー!

来週からは、ニューメンバーが図書館便りにお目見えします。
乞うご期待!

※情報は2017年6月30日時点のものです

3R図書館にようこそ

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.