vol.023 直木賞読んでみました!

こんにちは。

3Rグループ社内図書館「ヨマンネ」の図書委員 ウラモトです。

寒い日が続いていますが風邪など引いてないでしょうか?

風邪予防にはうがい・手洗い・そして加湿!です。

風邪やインフルエンザのウイルスは低温、低湿を好んで活発に空気中を動き回ります。
逆に人間の喉や気管支は乾燥によって防御力が低下してしまいます……
そこに元気なウイルスが「しめしめ!コイツ弱っとるでー感染させたろーΨ(`∀´)Ψケケケ」とやってくるのです。

しっかり加湿して喉を守り、ウイルスをやっつけましょう!

さて、前々回の図書館便りでもってぃーさんが紹介していた直木賞受賞作品

早速読んでしまいました……いやぁぁーーーーーーーーー面白かった!!!
本の分厚さ(3㎝!)と重さと文章の多さに手を伸ばすのを躊躇っていましたが、
わぉ✨っという間に読み終わってしまいました。

国際ピアノコンクールの話なのですが、才能溢れる天才ピアニスト達の感性や技術に感動したり、演奏者・審査員・指導者・観客といった様々な立場からの音楽の捉え方、音楽の本質、育った環境が違うピアニスト達がそれぞれの試練や苦悩を乗り越えてコンクールに挑む人生ドラマがとっても面白かったです。

そして何よりも、音を表現する言葉がこんなにもあるのか、と。じーん。
本から音が溢れ出して、演奏を描写している場面は本当に曲を聴いているかのようでした。
読んでいるとピアノが弾きたくてウズウズします……私は弾けませんが`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!

早く続きを読みたい!けど読み終わりたくない!と思える素敵な1冊でした。

音楽をしている方にも、そうでない方にもお勧めの本ですよ!
ぜひ皆さんも読んでみてくださいね!

図書委員 ウラモト

※情報は2017年2月15日時点のものです

3R図書館にようこそ

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.