今回で16回目となる社員旅行で長崎の五島列島に行ってきました!
国内22件目となる世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を巡る旅です。

初日は、福岡空港から一気に福江空港まで飛行機へ。
離島に行く小さな飛行機は、社員だけでほぼ満席です。

五島でお迎えいただいた後は、島々に点在する世界遺産を船で巡ります。

ガイドさんから聞く、潜伏キリシタンの話は、長く大切にされた教会の佇まいと重なり、学生時代に習った知識としての話とは違う重みをもったように思います。

そして、夜には、観光の合間に釣った(!)大漁の魚と共に大宴会が開催されました!

二日目は、県指定有形文化財に指定されている堂崎天主堂、高浜ビーチ、鬼岳火山群へ。
鬼岳に登ると眼下に福江市街、福江港外に点在する島々を一望できます。

美しい海と、美味しい料理、荘厳な教会群と、離島ならではの魅力を感じて、すっかりリフレッシュすることができた2日間でした。

近年、社員旅行がない会社も多い中、3Rでは毎年、社員旅行を楽しみにしている社員が大勢います。
仕事抜きの時間を一緒に過ごすことで、普段、業務の中では気付かなかった同僚の違う一面や、意外な特技を見つけたり……。
そんなことが積み重なって、現在の柔らかで発言のしやすい社内の雰囲気ができていったのではないかと思っています。
今回は、本社と博多支店が統合して初の社員旅行でしたので、特に実りあるものになったように思います!
また来年も企画できるよう、社員一同頑張って参ります!