昨日 飲んだ後にタクシーの運転手さんとの話。
運転手さんの話は面白いことが多い。
*私自身、内気ですが思い切って話かけたりするのです。

普通に話をしていると運転手さんがこんな話をしてくれました。
「この前、出所されたばかりの方を乗せまして、、、、」

そのお客さんは11-12年入ってらっしゃったらしいです。
それぐらいの期間になると やはり前後?でいろんな事が「変化」しているらしい。

電車に乗った時にすごく驚いたらしく
「皆 何してるのだろう?」
違和感を感じたと。

運転手さんは
「スマホですねー」と何の気なしに答えたのですが、
「スマホを見ながら 皆 何してるんですか?」という質問には困ったらしい。。。。

確かに……..

この質問は困るよね??
皆 なんて答える???

当たり前になりすぎてしまってて、この10年で起こった大きなパラダイムシフトなんだけど。。。。

こういう純粋な質問というのは、
マーケティングであって
文化であって
インフラ整備であって
捉え方によっては もはや哲学だなーと。

そんな事を昨日 感じました,
という答えのない話です。

========================================================

3Rグループでは本社と各支店とをテレビ電話で繋ぎ、毎日朝礼を行っています。

この場では日によって社長の話があります。
内容は会社の方針説明、社員としての行動指針、業績の共有、世間の動向理解など多岐にわたります。
話を聞いて自分も負けじと奮起したり、痛いところを突かれて反省したり。
各々がその時に響いた言葉をエネルギーに変えています。

経営陣と社員の方向性がぶれないよう、当社ではこのような場を設けて大切なことを全員で共有しています。

3Rグループでは社員の全員がプロ意識を持ち、得意分野を活かして進化しています。
しかしその方向がバラバラだと、個人では進んでいると思っても全体では後退していた!?ということも起こりえます。
だから社員のベクトルを合わせることはとても重要です。

このブログを通じて、3Rグループの基本が凝縮された社長の朝礼トークを紹介していきます。