昨日は夕方より弊社3Rグループの全体の来期に向けての
決起会でした。

辞令発表、管理職、役員一同からの決意表明を行う
グループにとっての最重要な会の一つとなります。

いつもの朝礼内容ではないですが、
備忘も兼ねて皆に話した内容を記録しておきます。

——————————————————————–

皆さん 2018年度 お疲れ様、ご苦労様でした。
今年度の業績ですが、増収減益(まだ正確ではないけど)となります。
いろんな読みが甘く 世情の変化を捉えきれず 大きく成功した事業部はない という悔しい結果となりました。

責任を取って 頭を丸めようかとも考えましたが、いかつくなるだけだろうから、その役は総務のM瀬課長に任せます。

とは言え、売上が伸びている。
以前 話したと思うけど、

「付加価値 = 人件費 + 営業利益(かなりざっくり)」

です。
前年度と比べると、たくさんの人材を雇用することにより
大きく付加価値を上げてきているとも判断できる。
悲観的になりすぎる必要はない。

ただ私を含め経営陣は悲観的にもなるべきだし、
現実を直視してマネジメントしていこう。

そして 来期のスローガン。

① 一人一人がリーダーシップを発揮する

今期に引き続き これは同じにします。
情報化社会で旧態依然とした組織のヒエラルキーは機能しなくなってきている。
私が持っている情報と 新人の〇〇さんが持っている情報・知識はどっちが大きいかはわからない。

いろんな人間が主人公になれるし、当事者意識をもって、
思いっきり仕事をしてくれ!
多少 失敗してもいい。
皆が主人公です!

② 現状破壊を行い、挑戦を繰り返す

安定して業績が上がってきているので、我々も少しずつ保守的になってきている感がある。
昨日の自分の殻を破り、挑戦を繰り返そう!
精神的にも肉体的にも安定を目指す段階ではない。

③ ソフトとハードの融合

我々3Rのお家芸は デジタル系のハードの物販です。
ここを前進させる。
いろんなハード機器に対して 組み込みソフトも併せてお客様に提案できる体制にします。

また ソフトという言葉では表現できないが、いろんなクラウド型サービス導入を行い 今までの管理コストを大きく改善していく。そういう意味を含んでいると理解してほしい。

「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」

人というのは変わっていくもの。

もちろん 愛情、協力、真摯な姿勢というものは変えるべきではないが、
ツールは変わっていく。しっかり変化に対応しよう。
竹槍で機関銃には勝てない。

そういうわけで皆さん 今期もご苦労様。

来期も
たくさんのサービスをお客様に提供し、
たくさんの人を幸せにできる組織を
皆で一生懸命作っていこう!!

来期もよろしくお願いします!!

———————————————————————

以上
朝礼トークではないけど?決起会トークでした。