3R独自の時短社員制度導入

3R独自の時短社員制度導入しました

3Rの制度が特徴的なのは、フルタイムの社員と同様の評価制度を用いていること。「時短」であることが評価のマイナスにはなりません。それぞれ自分たちの生活スタイルに合わせた勤務時間を設定することで、働きやすさだけでなく、成果に対する公平な評価という充実感も得られるような制度になっています。

事業主は「3歳に満たない子を養育する従業員について、従業員が希望すれば利用できる、
短時間勤務制度を設けなければならない」という法律があります。
3Rは会社独自の制度をつくり、1日4時間(週20時間)からの勤務が可能。養育する子の年齢制限もなく、
フルタイムの社員と同じ福利厚生を受けることができます。

3R独自の「時短社員制度」は、子育てをしながら働く女性たちの声から生まれました。
経験や能力がありながらも、子供の保育園の送り迎えや家事などで勤務時間が制約されてきたママたち。
彼女たちは3Rとして必要な人材でしたが、家庭も大事にしてもらいたい。
そんな思いから、正社員という立場を保証しながら、
限られた時間内で能力を発揮してもらう制度をつくったのです。

われわれは、共働きで時間の制約のかかる主婦(主夫)の皆さま、
子育ても仕事も両立したいママやパパ、そして、育児休暇明けの方にも、
それぞれの状況にあった勤務を検討していきます。

3Rグループでは今後も、経験や能力がある社員たちが、
家庭の事情に関係なく、当たり前に働ける職場環境づくりを進めていきます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.