スリーアールソリューション株式会社 中川伸吾

  • HOME »
  • スリーアールソリューション株式会社 中川伸吾

nakagawa

スリーアールソリューション株式会社
取締役統括本部長 COO(Chief Operating Officer)
中川伸吾

企業向けに3Rの商品を販売しています

3R(スリーアール)ソリューションは3Rグループの法人営業、いわゆる「B to B」を担当する会社です。企業向けに3Rの商品を販売しています。2016年4月に子社化として立ち上げ、私は取締役に就任しました。

もともと営業部門を統括していたので、仕事が大きく変わるわけではありませんが、気持ちは「新卒」の感覚です。やるべきことは売上を上げること。「創意工夫」をスローガンに、既存のお客様に商品を売るだけでなく、良い提案をして新しいお客様を発掘していくことを社員には言っています。

型にはまったルールがなく、やりたいことは何でも挑戦できます

当社の醍醐味と言えば、法人営業なので、やはり売上を上げることですね。また、型にはまったルールがないのもいいところ。主に電子機器の商材を扱っていますが、例えばアパレルをやりたいという人がいれば、大歓迎です。興味があることに手を上げれば、どんなことでもチャレンジできます。インターネットでも商品を販売しているので、WEB制作ができる人材もほしいですね。

やる気さえあれば、若くして経営者にもなれます

また、3Rは経営者になりたい、高い意識を持った人材を求めています。3Rは実力主義の会社です。私は32歳で取締役に就きました。やる気さえあれば、若くして経営者になることができます。成長するモチベーションがある会社ですね。

ただ、私が入社当時から経営陣に入りたいと思ったかと言えば、そうでもないんです。どちらかと言うと、会社に守られているという、サラリーマン気質が強かった方です。私は中途入社でして、前職は派遣会社の営業。3Rは営業先でした。パソコン周辺機器のことは詳しくありませんでしたが、いい雰囲気の会社だなと感じていて、2009年5月に入社しました。当時は、数字を上げることだけしか考えていませんでした。実際に売上も上がりました。

仲間と向き合い、価値観の共有が大事

でも、私は部下ができても、営業手法を教えるわけではなく、「背中を見て覚えろ」のタイプ。それでは人は動かないと気づく出来事があったのです。2014年度の法人部門の売上急落です。考え方が変わりました。部下としっかり向き合い、部下の思いを真剣に受け止めました。彼らもやる気を出してくれたんです。そんな姿を見た時、自分が彼らの生活を守ってやりたい。仕事に対する気持ちを高めてやりたい。そう思ったんです。

「法人営業の会社をつくりたい」。2015年11月、今村陽一社長に伝えました。快く了承してもらえました。社長からは、以前から法人化した場合は言ってこい、と言われていたんです。私がやる気になるまで、待ってくれてたんですね。

3Rは実力主義の会社ですが、ただ単に営業成績を上げていればいいわけでもありません。他の社員と会社の考えを共有してやっていける人材かは大事。会社は数字以外の部分もちゃんと見てくれています。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.