社内セミナー 戦略MG(マネジメントゲーム)セミナーを開催しました。

3Rは会社がさらに発展にしていくためにも、働く社員一人ひとりの進化が不可欠だと考えています。
そこで当社では定期的に社内セミナーを開催し、社員へ成長の場を提供しています。
外部から講師の先生をお招きするので、社員は受講料や移動の負担なく新しい知見を身につけることができます。

今回は、合同会社ブレイン・アクティベーション 代表社員 / 楽天大学戦略MG講座講師左京 利章先生にお越しいただき、戦略MGセミナーを開講していただきました。

===戦略MGとは===
1976年にソニーが開発した経営シミュレーションゲームです。1万社以上の企業にも導入されており、累計80万人が受講しています。ゲームを通じて、企業経営の概略、利益・コスト構造、会計学を学ぶことができます。
戦略MGで経営を疑似体験することによって、現実の職場でも、利益を出すにはどう行動すべきか、よりハイレベルな意思決定ができるようになります。

ゲームの説明を受け、全員でルールを確認しながら1期目をスタートしました。1期目はチュートリアルとして、同じ手順でゲームを進めていきます。それでも、意志決定を行いながら経費を管理するのは一苦労。そこかしこのテーブルから、「これってどうするんだっけ?」「あ! 書き忘れた」などの声が上がりました。

ゲームが終了したら、続いて決算報告を作成します。
会計の知識がない社員がほとんどでしたが、入力表にしたがって数字を入れていくと、決算が完成するという仕組みになっています。
電卓を叩き、売上げと必要経費を入力していくと……落胆の声が広がりました。商品を売っていたのに、すべての会社が赤字になっていたのです。
さあ、どうやって経営を立て直すのか? 2期目からは自身での経営がスタートします。

同じスタートラインにいたはずなのに、会社が辿る道はそれぞれ分かれていきます。ほとんどの会社は赤字経営に苦しんだ中で、数社だけ黒字経営に成功した会社もありました。

それぞれが判断に悩み、新しい戦略に挑戦し、突発的に発生するリスクに翻弄されながら、4期目が終了した時点でセミナー終了となりました。
経営判断に頭を使い、決算報告の計算を繰り返した疲労感がありましたが、受講者には何とも言えない興奮が広がっていました。

参加者のコメントです。
「優先順位をつける難しさを知りました。1ターンにやれることは1つと限られているため、どこからやるか? を明確に持つ必要がありました。自分の戦略は目先のものばかりで、仮想自社に最適な優先順位が見えていませんでした。経営層の方々の心情を、少しですが疑似体験できたことで、今までより見方が変わった状態で仕事に取り組めそうです。」

今回のセミナーでは講師の先生に直接ご教授いただいたおかげで、受講者それぞれが凝縮された時間を過ごすことができました。
もしこの知識を独学で得ようとすれば、何倍の時間がかかることでしょう? そして何割の人が途中で投げ出さず終了することができるでしょう?

社内セミナーの開催には時間も費用もかかりますが、会社としてはその効果を確信しています。
次回はどのようなセミナーが開催されるのか……? またの記事をお楽しみに!

~2017年度社内セミナー 開講実績一覧~
2017年4月 【アドラー心理学の共同体感覚セミナー ~職場の人間関係がみるみる良くなり、個人も会社もグングン成長できる3つの幸福感とは!~】
講師 アドラー心理学講師 川島玲治 様

2017年5月 【ライティングのプロに学ぶ!文章力UP講座】
講師 株式会社エージェントプラス 渡邊 様

2017年8月 【スポーツを通じて学ぶ目標設定とライフスキル】
講師 株式会社フジヤマカンパニー 代表取締役 藤村 幸弘 様

2017年8月 / 9月 / 10月 / 12月【動画講座~全4回~】
講師 スタジオナナ 藤井 様

2017年9月 【弁護士による法律セミナー ~特許権・独占禁止法・景品表示法~】
講師 明倫国際法律事務所 弁護士 田中 様

2017年12月 【戦略MG(マネジメントゲーム)セミナー】
講師 合同会社ブレイン・アクティベーション 代表社員 左京 利章 様